「明るい子、つよい子、考える子」

保育理念 保育園のころは、人間としての心の基礎ができてしまう大切な時期です。大きくなったら、心豊かな人格者になって、社会を発展させる人になるように、子どもたちの権利を尊重し、幸せを心から願って保育をします。
家庭や地域との連携を図り、保護者とともに子育てをします。

保育方針 自己を十分に発揮できるように、健康で安心して生活できる環境を用意して、健全な心身の発達を図ります。

養護と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成します。

幼児期に関する相談に応じ、助言などして地域の子育てを支援します。

保育概要 「明るい子、つよい子、考える子」この3つを目標に掲げて、小さな芽を思いっきり大きく伸ばします。豊かな自然環境のなかで、おおらかな心と、たくましい体力づくりに励みます。

個性を育てながら、自立への道を歩めるよう援助します。このため横割り(年齢別)、縦割り(混合)双方の長所を生かしたクラス編成にしています。割りの部屋では、2歳児から5歳児までの子どもが一緒に生活します。ひよこ・いちご・さくらの3つの組に分け、兄弟(姉妹)や近所の子らで、小さな子どもの仲良し社会が楽しめるようにしています。0・1歳児だけは、もも・ばら組として独立しています。

「待ち」の保育に心がげています。保育士は口出しや手出しを極力控えて手助けに徹します。一人ひとり成長過程も関心の度合いも違いますから、個別指導にも重点をおいています。ていねいに、ゆっくりと教え、子どもが意欲的に楽しみながら活動していけるようにします。「保育士は子どもにやさしいまなざしを」がモットーです。

子ども社会の縦の関係を育てています。ガキ大将になったり、家来になったりして遊びます。小さなグループを多く作れば、それだけ多くのリーダーが生まれることになります。小さい子は先輩のやることを見ていたり教わったりして、生きる知恵が身につきます。自然に温かい心が育ち、けじめや分を知るようになります。

強い身体になるように、ハダカ、ハダシで泥まみれになって遊びます。野や山をかけ回りますから、生傷、虫さされ、カブレなどが絶えません。また動物を飼ったり、畑を耕したり、木の実を取ったりしながら、自然の仕組みを知るようにします。そして、自然界に対する免疫を高めます。